--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.02.0621:58

ユーロ円で99円切ったところでチキン発動。


-57 pips


09:15 : 100.46 買

18:25 : 99.89 売


ユーロ円でざっくりやられました・・・orz
夕方くらいに100円切ったところであたふたして刻々と下がっていくのを観ていることができず思わず損切り。
これ結構痛い!負けたーー!
しかし、その後切り返して再び100円台。
そうです。チキンな自分が悪いんです。。。
一喜一憂してはいけないってあれほどわかってたつもりなのに。
あーぐやじーーー。

今日の主な指標
20:00 : 製造業新規受注 前月比(12月)

結局指標発表後もあんまり動かなかったな。

次はどのあたりで拾うかな。


ユーロ円
スポンサーサイト
2011.06.0600:33

多少買われ過ぎだったのではないかと思いました。

昨夜の取引のマーケットインのUSD/JPY相場は82.231円で、多少買われ過ぎだったのではないかと思いました。

少し前に終値がゴールデンクロスしたことで、長中期ボックス相場の下値が視野に入ってきます。

短期移動平均をレジスタンスラインに高い価格帯で推移していますが、ローソク足が陽転したことで、長中期ボックス相場の下値が視野に入ってきます。

移動平均線で傾向を見てみると緩やかな下落相場にあります。

10日移動平均線が長期平均より下部で推移しており、どちらの平均線も明らかな下落基調です。

取引の成績を考慮すると、そのときはあれやこれや悩まずエントリーをしてみようと。

スローストキャスでは、売られ過ぎ圏は上昇しているものの、天井を試すチャートが考えられます。

そのときはあれやこれや悩まずエントリーをしてみようと。

昨夜の取引のUSD/JPY相場は方向性が乏しいので今月は穏やかなマーケットになりそうです。

2011.06.0517:33

ポジションを保ち続けていきます。

昨夜のマーケットインは米ドル円が一時82.845円まで上昇し、その後82.211円まで売られ、若干買われ過ぎではないかと思いました。

1時間足のローソク足から考えてみると、緩やかな上げ気味が長く続いてから、終値が陽線の中心くらいまで下落したかぶせ線で、過去1時間以内に酒田五法で言うところの下げ三法のような様子があります。

再び値足が陰転したことでサポートラインを突破するか慎重になっています。

天井は一目均衡表の厚いクモや50日移動平均線が底として働きました。

取引の成績から思うと、とりあえずあれこれ迷わず取引をしてみようと思いました。

ボリンジャーバンドは-3σ圏近辺で推移し、長期移動平均線が抵抗線として移動したので、底堅さを確認できました。

とりあえずあれこれ迷わず取引をしてみようと思いました。

証券会社に自動決済されないようにチャートの管理だけは確実にやって、ポジションを保ち続けていきます。

2011.05.0702:33

外為オンラインの評価:辛口レビュー

昨日の取引のマーケットインは米ドルが一時82.845円まで上昇し、若干売り時だったのではないかと思いました。

終値がデッドクロスしたことでサポートを越えるかどうか注目されます。

5分足のローソク足から予測してみると、はっきりとした上昇基調が長く続いた後、陽線に続けて大きい陰線が現れる切り返しで、過去1時間以内に酒田五法の明けの明星のチャートが伺えます。

単移動平均で傾向を見てみると上げ相場と読めます。

5日移動平均線が50日移動平均線より下部で移動していて、5日移動平均線は激しい下落基調で、50日移動平均線は緩やかな上昇基調です。

今までの経験を思うと、この相場は反射的にオーダーでOKだろうと思いました。

ボリンジャーバンドは-1σ圏近辺で推移して、一目均衡表の転換線がサポートラインとして移動したことで、上値が重いチャートを認識しました。

この相場は反射的にオーダーでOKだろうと思いました。

一目均衡表の厚いクモをサポートに底値圏でもみ合いしていましたが、新値足が陰転したことで、短いボックス相場の上限が見えてきます。

高値を意識しすぎて、負債になるような建て玉にだけはならないように注意しようと思います。

外為オンラインの評価:辛口レビュー
【外為オンライン】FX年間取引高ナンバー1!
http://www.dendou.jp/fx/gaitame_online/

2011.04.2802:33

FXの殿堂

朝のオープンは米ドル円が一時安値82.211円まで下落し、その後は82.845円まで買い戻され、多少買い時な気がしました。

天井は一目均衡表の厚いクモや長期移動平均線がサポートとして働きました。

1時間足のローソク足から予想してみると、はっきりとした下降気味がしばらく続いてから、交互に並ぶ大陽線と大きな陰線の終値の安値が揃った毛抜き底で、過去2時間中にに酒田五法で言うところの三空叩き込みのような様子があります。

移動平均から考慮してみると明らかな下げ状況といえます。

10日平均が50日平均線より下部で移動しており、10日平均は明らかな下げ基調で、50日平均線は緩やかな上昇トレンドです。

先週の実績を考慮すると、オーダーすべきか迷いどころです。

ストキャスティクスを見ると、売られ過ぎ圏は上昇し、引き続き下値を狙う可能性が高まってくると思います。

反射的にオーダーでOKだろうと。

朝の米ドル円はそうとう予測がし辛いので今後は厳しい展開になりそうです。

FXの殿堂
【FXなら】FXの口座開設を徹底比較
http://www.dendou.jp/fx/

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。