--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.04.2017:33

終値が陽転したことでレジスタンスを維持できるかどうか要注意です。

前回の取引のエントリーのユーロ/円相場は114.24円の買い価格で、若干売り時の感がありました。

ひきつづき、一目均衡表の転換線をレジスタンスに高い価格帯で推移していましたが、終値が陽転したことでレジスタンスを維持できるかどうか要注意です。

5分足のローソクチャートから予測すると、明らかな上昇傾向が長く続いた後、大陽線の後に大陰線が現れる切り返しで、過去3時間中にに三川らしきひげが伺えます。

移動平均線で兆候を見てみるとはっきりと下落といえます。

短期移動平均線が長期平均より下で移動していて、両平均線とも明らかな下落傾向です。

取引の経験から考慮すると、このチャートは考えず取引をして大丈夫だと思いました

ボリンジャーバンドは買われ過ぎ圏辺りに突破したものの、50日移動平均のサポートのせいで力が弱まった感じがあります。

このチャートは考えず取引をして大丈夫だと思いました。

あまり損をしないところで機会を図って決済するつもりでいます。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。