--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.03.2823:33

長いレンジ相場の安値が視野に入ってきます。

一昨日のマーケットインはユーロ/円が一時110.88円まで下落し、少し買われ過ぎな気がしました。

1時間足のローソクチャートから予想すると、はっきりとした上昇気味が少し続いてから、大きな陽線と大きな陰線が交互に並ぶ毛抜きで、過去3時間前までに明けの明星らしき兆候が伺えます。

下限は一目均衡表の基準線や50日移動平均線が抵抗線として推移しました。

あいかわらず、一目均衡表の薄いクモを抵抗線に高値圏でもみ合いしていますが再び終値がゴールデンクロスしたことで、長いレンジ相場の安値が視野に入ってきます。

SMAから考えてみると緩やかな下降トレンド状態と考えられます。

5日平均線が長期移動平均線より下部で移動していて、両方とも激しい下降基調です。

今までの経験から思うと、そのときはあれこれ悩まず売買で大丈夫だろうと思いました。

ボリンジャーバンドは-3σ圏近辺で移動し、20日移動平均線がサポートラインとして移動したことで、短期的に上値が重いチャートを確認しました。

そのときはあれこれ悩まず売買で大丈夫だろうと思いました。

底値を狙い過ぎて、含み損になるような持ち玉にだけはならないように注意したいと思います。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。