--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.05.3100:33

その後に出たチャートの始値が取引の機会です。

前の取引のエントリーのポンド円相場は131.62円の売り価格で、若干ショート有利の相場となりました。

ひきつづき、短期移動平均線をサポートラインに安値圏で移動していますが、再び値足がデッドクロスしたことで、長いボックス相場の上限が見えてきます。

天井は一目均衡表の薄いクモや20SMAがサポートラインとして機能しています。

移動平均線で兆候を見てみると激しい下げ状態にあります。

50日平均より5日平均が上で推移しており、5日平均は緩やかな上昇傾向で、50日平均は激しい下降トレンドです。

昨日までの経験から判断すると、取引するべきかどうか心配になります

ストキャスを見ると、50%より上で陽転しているので、陽転して、その後に出たチャートの始値が取引の機会です。

あれやこれや悩まず取引をしてみようと思いました。

前の取引のポンド円相場はかなり判断が難しいので今月はゆるい展開になりそうです。

FXの殿堂

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。