--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.04.2802:33

FXの殿堂

朝のオープンは米ドル円が一時安値82.211円まで下落し、その後は82.845円まで買い戻され、多少買い時な気がしました。

天井は一目均衡表の厚いクモや長期移動平均線がサポートとして働きました。

1時間足のローソク足から予想してみると、はっきりとした下降気味がしばらく続いてから、交互に並ぶ大陽線と大きな陰線の終値の安値が揃った毛抜き底で、過去2時間中にに酒田五法で言うところの三空叩き込みのような様子があります。

移動平均から考慮してみると明らかな下げ状況といえます。

10日平均が50日平均線より下部で移動しており、10日平均は明らかな下げ基調で、50日平均線は緩やかな上昇トレンドです。

先週の実績を考慮すると、オーダーすべきか迷いどころです。

ストキャスティクスを見ると、売られ過ぎ圏は上昇し、引き続き下値を狙う可能性が高まってくると思います。

反射的にオーダーでOKだろうと。

朝の米ドル円はそうとう予測がし辛いので今後は厳しい展開になりそうです。

FXの殿堂
【FXなら】FXの口座開設を徹底比較
http://www.dendou.jp/fx/

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。