--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.12.0200:33

中期ボックス相場の上限が視野に入ってきます。

前の取引のエントリーはEUR/JPYが円まで下落し、その後円まで買い戻され、少しロング有利のマーケットとなりました。

あいかわらず、50日移動平均を底に底値圏でもみ合いしていましたが、再び新値足が陰転したことで、長中期BOX相場の上限が視野に入ってきます。

1時間足のローソク足から予想してみると、明らかな下落傾向が長く続いてから、先の陽線を陰線が覆う陰線つつみ足で、過去3時間の中に下げ三法のような足があります。

単移動平均で傾向を見てみると緩やかな下降状態といえます。

5日移動平均線が30日平均線より下で維持しており、両平均線ともにはっきりとした下降トレンドです。

昨日までの成績を考慮すると、売買するべきかどうか悩みどころです。

スローストキャスティクスで考えると、50%より下の辺りで%Kが%Dを交差する間際で、デッドクロス直前です。

今回はあれこれ迷わず売買だと思います。

再びローソク足が陰転したことで、中期ボックス相場の上限が視野に入ってきます。

明日以降の為替相場の状況は注意が必要です。

【法人口座】正しいFX 法人 口座の開設

【iPhone+FX】モバイルでFX取引するならiPhone+FXでiPhoneアプリの機能を比較

【FXなら】FXの口座開設を徹底比較

【FX比較なら】あなたに合った口座をFX 比較して探す

【外為】FX 初心者でも安心のFX徹底入門です。

【FX】注目のくりっく365の手数料を比較

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。